岸田國士『アカデミイの書取』(1929年)

「アカデミイの書取」というのが、説明がなくて、どんな問題なのかよくわからず。 フランスの大学入学試験みたいなもんなんだろうか。 ご丁寧に後半にフランス語と思われる問題が添付されているが、当然読めず。 一応、翻訳ソフトで翻訳しようとしたけど、うまくいかなかった。 出題者の文学者メリメの作品は読んだことはないけど、たしか芥川が好きだったはず。 ナポレオン3世と皇后の点数…

続きを読む