菊池寛『恩を返す話』(1918年)

2016/6/2 武士の神山甚兵衛が、戦場で命を救ってくれた佐原惣八郎に恩を返そうとするが、なかなかうまくいかない話。 この話のキモは、甚兵衛が惣八のことを、あまり快く思っていないということ。 恩返しの動機は、善意ではなく、引け目からの不快感を払拭したいということ。 彼も構造もひねくれている。 惣八は有能でなかなか恩返しをさせる隙を見せず、甚兵衛の不快感は20年たっても消えない。 …

続きを読む