菊池寛『義民甚兵衛』(戯曲)

2016/6/10 母親や兄弟たちから虐げられている甚兵衛が、一揆騒動を経て結果的に復讐を果たす話。 「聖なる愚者」が悪人を懲らしめる型の話は、古今東西、いろいろありそう。 過程の組み立て方が巧みで結果が悲惨。 家族を磔にし、甚兵衛が高笑いして終わるえげつないラストで、ありがちな話に見せ場を作っている。 高笑いする人物と、それを讃える人々という構図は一幕のラストと同じ。 愚かな甚兵衛…

続きを読む