菊池寛『ある恋の話』(1918年)

2016/6/12 菊池寛が妻の祖母から聞いた話。 身売り同然で嫁いだのち、離縁。 多額の子供の養育料を貰ったが、男性不審から再婚をせず、子供と二人暮らしをする。 そのころ、唯一男性に恋をしたときの話。 その男性はで染之助という人気のない役者。 自分だけが魅力を感じているところ、舞台をおりたオフモードの染之助を見て冷めるところ、ちゃんと「恋」の始まりと終わりを描いた物語になっている。…

続きを読む