菊池寛『藤十郎の恋』(戯曲・1919年初演)

2016/6/16 小説は1919年4月大阪毎日新聞。 同年10月に大阪難波座で初演だそうだ。→世界大百科事典 第2版「藤十郎の恋」 小説に比べると追い詰められ方が足りないので、藤十郎がずいぶん勝手に見える。 読むだけだと、あっさりしすぎていて、相対的にお梶の貞淑さも弱くなっている。 結果、死ぬほどのことかと思ってしまう。 力のある役者さんがきちんとやれば、説得力が出るんだろうか。 …

続きを読む