菊池寛『私の日常道徳』(1926年)

2016/7/27 菊池寛が道徳について箇条書きにしている。 ご馳走になるならない、お金を貸す貸さないの基準が細かい。 人によって貸せる額の上限を決めている。 よっぽど無心される機会が多いんだろう。 ご馳走になる時、まずいものおいしいとは言わないが、おいしいものは明らかに言う。 約束は守る。ただし原稿の約束は守り切れない…という落とし方。 人の悪口より、その悪口をわざわざ教えてくれ…

続きを読む