菊池寛『出世』

2016/10/11 譲吉がかつて通っていた図書館で、愛想の悪かった下足番と再会する話。 まず、翻訳で小遣いを稼ぐ話、本を列車に置き忘れた話、図書館の下足番が無愛想だった話が語られる。 その後、比較的生活が安定してきた頃に、あらためてその図書館に行くと、下足番がちょっと出世している。 どんなに不遇な境遇でも、出世することはあると思うと、人生に望みが出るというまとめ。 下足番から閲覧券売…

続きを読む