菊池寛『藤十郎の恋』(戯曲・1919年初演)

2016/6/16
小説は1919年4月大阪毎日新聞。
同年10月に大阪難波座で初演だそうだ。→世界大百科事典 第2版「藤十郎の恋」
小説に比べると追い詰められ方が足りないので、藤十郎がずいぶん勝手に見える。
読むだけだと、あっさりしすぎていて、相対的にお梶の貞淑さも弱くなっている。
結果、死ぬほどのことかと思ってしまう。
力のある役者さんがきちんとやれば、説得力が出るんだろうか。
「一盗、二妾、三卑、四妻」という下衆なセリフがいい。
「恋をする男とは、どうしても受取れぬほどの澄んだ冷たい目付き」で貞淑な人妻を口説き落とす演技って、無茶ぶりが過ぎる。
それでも、そういう無茶をしたい役者さんが多いのか、検索すると結構動画が出てくる。
VHSならamazonで発売もしていた。
もしかしたら、菊池寛作品で『真珠夫人』の次に映像作品が売れているのはこの作品なのかも。

青空文庫:藤十郎の恋(戯曲)

この記事へのコメント