菊池寛『蘭学事始』(1921年)

2016/7/29 杉田玄白は、前野良沢を苦手に思っている。 同じ学者でも社交的で調整型の玄白に対して、一途で頑固すぎる良沢は居心地の悪い存在だった。 その原因を学者としての嫉妬だと自覚して玄白は苦しんでいる。 『風雲児たち』の該当箇所を読んだばかりなので、ふたりの様子がみなもと太郎先生の絵で脳内再生される。 玄白にとって、良沢のような学者の鑑を煙たがっているということは、誰にも見せた…

続きを読む

菊池寛『藤十郎の恋』(戯曲・1919年初演)

2016/6/16 小説は1919年4月大阪毎日新聞。 同年10月に大阪難波座で初演だそうだ。→世界大百科事典 第2版「藤十郎の恋」 小説に比べると追い詰められ方が足りないので、藤十郎がずいぶん勝手に見える。 読むだけだと、あっさりしすぎていて、相対的にお梶の貞淑さも弱くなっている。 結果、死ぬほどのことかと思ってしまう。 力のある役者さんがきちんとやれば、説得力が出るんだろうか。 …

続きを読む

公開審査会講評メモ(ブログ公開ver.)

「教育文化会館演劇フェスティバル2016 短編演劇祭 公開審査会」 エンプロ代表の遠藤雷太です。 教文演劇フェスティバルの短編演劇祭、一次審査員を承りました。 公開審査にあたって各チームごとに講評メモを書きました。 実際には話せた部分、話せなかった部分がありましたので、自ら費やした時間への供養の意味もこめて掲載します。 あきらかにわかりにくい部分で修正したところもありますが、基本的…

続きを読む